3月3日【糖質制限は金食い虫?】

糖質制限を始めたママ友さんが『糖質制限ってお金かかるよね』とポツリ。

確かにラカントSは普通のお砂糖の10倍近くするし、料理酒の代わりに白ワインを使うこともしばしば。

ご飯でお腹いっぱいにしていたとしたら、確かにかかりますね。

でも、使えるお金には限度があるし、痩せてもビンボーになっても意味ないですしね。

そんな風に思ってる人他にもいるのかな?と思いネットサーフィン。

面白い記事に遭遇したので紹介します!

記事を書いた方は1か月で5kgの減量に成功したとか。

でも脂質もタンパク質もお高めなのでコストコを利用してみたそうな。

もし近くにコストコがある方は試してみる価値がありそうです!!!

● 国産豚肉ロース うすぎり(138円 / 100g)
生姜焼き、ポークチャップとさまざまに調理したい場合は、『国産豚肉ロース うすぎり』がおすすめ。“うすぎり” と言っても、豚しゃぶにするような薄さではなく、生姜焼きにちょうどいいかな? くらいのしっかりした厚みがあります。

100グラム138円という安さながら、豚肉の味が濃厚で、まったく臭みがありません。とってもジューシーで、歯切れがよく、シンプルに塩コショウでソテーしただけでも、最高に美味しく食べられます。

こうした肉類は、1kg以上の特大サイズのみで販売されているのがコストコの常識。どんなにお肉が好きでも、1人あたり200g以上はなかなか食べられないので、真空パック器(またはジップロック等)で小分けして冷凍します。一人暮らしなら、6~7回分にはなるはずです。

● 国産品さくらどり むね肉(39円 / 100g)
コストコ最強のコストパフォーマンスを誇る大人気商品『国産品さくらどり むね肉』。100グラム30円台! ご存知の方も多いと思いますが、さくらどりシリーズは、臭みがなくて本当に美味しいんですよね。

パッケージには、さくらどりの特徴として、以下のように記載されています。

・お肉の色はさくらのような鮮やかなピンク。
・ジューシーでやわらかな食感。
・一般鶏肉と比べてビタミンE含有量が3倍以上。(日本食品標準成分表2010年比較)

とは言えもちろん、むね肉なので、普通に焼いて食べるだけでは、パサつきやカタさを感じるかもしれません。おすすめなのは、片栗粉をまぶしてから焼く方法(クックパッド等で鶏むね肉のレシピを検索してみてください。片栗粉は糖質ですが、少量なので問題なし)や、鶏ハムにしてしまう方法 [ http://costcotuu.com/20131204/post_30946.html ]です。

● ノルマンディースタイル ベジタブルブレンド(35円 / 100g)
コストコには生鮮野菜も安く売っているのですが、大家族でもなければ、どのみち食べきれずに冷凍するハメになってしまうので、今回は最初から冷凍されている(うえに安くてウマい!)『ノルマンディースタイル ベジタブルブレンド』を紹介します。

冷凍野菜というと、いいイメージを持たないかもしれませんが、これは騙されたと思って食べてみてください。さすがカークランドシグネチャーと言うべきか、野菜の味が濃厚で、歯ごたえも素晴らしい。

中身は、ブロッコリー、カリフラワー、人参、黄人参。収穫したての新鮮野菜が、生のまま冷凍されているので、さっとボイルして食べます。せっかくの歯ごたえを殺さないように、茹で過ぎには注意!

“冷蔵より冷凍のほうが栄養価が失われない” という研究結果もあるそうで(ネットで検索してみてください)、正直、都会のスーパーで売っている生野菜よりも美味しいです。個人的には、冷凍野菜の固定観念が完全に覆されました。

●コルビージャックチーズ(99円 / 100g)
お酒のおつまみにもいいし、朝食にも便利な『コルビージャックチーズ』。コストコにはたくさんの種類のチーズがありますが、その中でも日常的に食べるのに向いた、スタンダードタイプのチーズです。間食にもいいですね。

907gのビッグサイズで売っているので、切って食べます。けっこう食べ応えがあるので、私は大きく3つにカットし、2つを冷凍し、1つをちょこちょこ食べています。2種類のチーズがミックスされていて、色合いがきれいです。まるでアニメでネズミが喜んで食べそうな見た目がいいですよねw

私が『これはいいな!』と思ったものをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

うちの近くにはコストコがないのと、1回行った時にその広さに疲れた記憶があり、私は利用していませんが(笑)もし近くになる方は試してみてはどうでしょうか?

もっと詳しく読みたい方、元ネタの記事はコチラです♪




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ