「おいしいレシピ」の記事一覧

フルーツたっぷりのパウンドケーキ

IMG_20140330_160836 (2)

1つの糖質量【約3.8g】

フルーツの彩りが美しい!

ひとくちサイズでパクパク食べられるよ♪

用意するもの【24㎝1台分】(写真は12㎝ミニ型を使用)

●☆小麦粉 60g

●☆大豆粉 20g

●☆小麦グルテン 20g

●☆アーモンドプードル 15g

●☆ベーキングパウダー 2g

●ラカントS 70g

●卵 2個

●クリームチーズ 100g

●バター 50g

手順

●☆の粉類をホイッパーでかき混ぜておく

IMG_20140330_094145

●バターとクリームチーズをレンジで柔らかくしておく

IMG_20140330_094835

●なめらかになるように混ぜる
IMG_20140330_095033

●ラカントを3回に分けて投入。よーく混ぜる。

IMG_20140330_095051

●卵も3回に分けて投入。よーく混ぜる。

IMG_20140330_095518

●☆の粉類を一気に投入。ふんわり混ぜる。

IMG_20140330_095633

●オーブンを180℃に余熱

IMG_20140330_095706

●好きなドライフルーツを入れる(フレッシュなフルーツは水分が出るのでピールにしておく)

IMG_20140330_100255

●型に入れて真ん中をくぼませる

IMG_20140330_100655

●180℃で15分焼き真ん中にナイフで切れ目を入れ、その後20分焼く
●冷めたら切って完成!

IMG_20140330_160836 (2)

IMG_20140325_140636

冷やして食べるとしっとりしていておいしいです♪

焼きたてもおいしいですよ^^

春野菜のイタリアン巾着

P1060064

春キャベツと新玉ねぎのシャキシャキを味わえる1品♪

最初は旨みをたっぷり吸ったスープで、あとからトマトとチーズのまろやかさがやってくる♪

用意するもの

●油揚げ(小さいカットタイプ) 8個

●☆春キャベツ 1枚

●☆新玉ねぎ 1/4個

●☆しめじ 8個(小さ目16個)

●トマトケチャップ 小さじ1/4(1個)

●ピザ用チーズ 適量

●水 300ml

●ウェイパー(鶏がらスープの素) 小さじ2

●イタリアンパセリ(あれば) 少々

●楊枝 8本

手順

●油揚げに熱湯をかけて油を抜いておく
●油揚げの上の部分を開き、☆の野菜をいれていく

P1060054

●その上にケチャップをかける(糖質オフケチャップ使用)

P1060056

●チーズも乗せていく

P1060055

●上を楊枝で留める(波縫いのように)

P1060057

●フライパンで両面を焼いて取り出す

P1060059

(フライパン汚くてすみませんw揚げ物の後ですw)

●残った油をふき取り水とウェイパーを投入

P1060060

●きれいに溶けたら油揚げを戻す

P1060061

●これくらい吸ったらOK!

P1060062

●イタリアンパセリを散らして完成~♪

P1060064

すぐに食べない場合は、お皿に移しておかないと、どんどん吸って濃くなってしまうので注意!

下から食べると、スープの旨みたっぷり!上にいくにつれ、トマトとチーズの味がやってきてまろやかに☆

カゴメ ケチャップ 甘さひかえめカロリーハーフ

ふんわり香る*シナモンボール

IMG_20140303_111148

小腹が減った時、お子さんのおやつにも♪

用意するもの

●大豆粉 40g

●小麦グルテン 30g

●オリーブオイル 10g

●ラカントS 30g

●イースト 3g

●シナモン 小さじ1

●塩 小さじ1/4

●ぬるま湯(35℃くらい)60ml

手順

●ボールにぬるま湯以外を入れる。砂糖とイーストを隣に、その反対側に塩とオリーブオイルを。

IMG_20140303_095638

●イーストめがけてぬるま湯(35℃くらい)を投入

IMG_20140303_095650

●人差し指だけ使い、グルグル円を描くようにかき混ぜる

IMG_20140303_095702

●これくらいもっさりしたらOK!

IMG_20140303_095755

●天板に並べ発酵(30℃で40分~50分)

IMG_20140303_100229
スチーム機能がない場合は濡れ布巾(または濡らしたキッチンペーパー)をかけてね☆

●発酵が終わったら180℃に余熱
●その後10分焼いて完成!

IMG_20140303_111148

シナモンの量は好みで♪

お子さんと食べる場合はあまり小さじ1くらいがGood!

Ads by Google

このページの先頭へ