低血糖と低糖質

低血糖と低糖質のつながり

『低血糖』と『低糖質』は字はすごく似てますが、つながりはありません。
低糖質生活をすると、低血糖に陥るのではないかという心配も必要ありません。

糖質制限食は、食後に血糖値が急上昇する高血糖を改善しますが、正常値以下に血糖値が下がることはないのです。

低血糖を心配する方もいるかと思いますが、糖質制限第一人者の江部康二先生は自身の血糖値を以下のように記しています。

●空腹時の血糖値の正常値 70~109㎎/dl

●江部先生の空腹時の血糖値 100~120㎎/dl ⇒ 食後2時間 120~130㎎/dl

3食糖質制限をしても、空腹時の血糖値を下回ることはないそうです。

低血糖にならないシステム

私たちの体には、空腹時でも血糖値を一定範囲内に保っておけるシステムが2つあります。

1:グリコーゲンの分解によるもの
↪食べたものは肝臓で【ブドウ糖→グリコーゲン(ブドウ糖の貯蔵庫のようなもの)】として蓄えられる

2:糖新生によるもの
↪グリコーゲンにも頼らず、自らブドウ糖を作り出す仕組みのこと

このシステムによって、寝ている間でも低血糖に陥らないのです。

≪ブドウ糖の役割、痩せるメカニズムなど詳細は⇓をご覧ください≫
糖質制限はなぜ痩せるのか ~その1~
糖質制限はなぜ痩せるのか ~その2~

すごいぞ!ヒトの体

常に体の中でブドウ糖が生み出され『糖新生現象』が起きていたり、貯蔵庫に貯めておけるシステムができていたり、ヒトの体って本当にすごいですよね。

たまに、山や海で遭難して、水しか飲めなくて1か月後に無事発見!なんてニュースがありますよね。
あれは、上記のような現象が体の中で起きているからなのです。

脂肪は『貯めこむ』に対し、血糖は『貯めておける』なんですね。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ