糖質制限中の外食

糖質制限中でも、友人とのランチや職場の方との付き合い、誕生会や歓送迎会など、誘惑と言えるお誘いはあると思います。
そして徹夜が続いたり、一人暮らしだとコンビニにお世話になることもあるでしょう。

 

でも、これは果たして『困ったこと』でしょうか?

もちろん、ラーメン屋やそば屋に行こう!と誘われると困ってしまいますが、レストランや居酒屋ではチャンスとも言えるかもしれません。

レストラン

フレンチでもイタリアンでも『パンかライス』をつけることができますね。
これをやめればいいだけです。

例えば、ハンバーグセット。

これならサラダやスープ、そしてメインのハンバーグを頂くだけにしましょう。
でも気をつけなくていけないことがあります。

それは『つけあわせ』です。

ハンバーグにはスイートキャロットやマッシュポテトパンプキンスープなどがついてくるかもしれません。
これらはすべて『糖質』が多く含まれてますので、気を付けましょう。

それじゃお腹いっぱいにならないよ、という方は、単品でベーコンとほうれん草のバター炒めやから揚げなど、糖質以外で満たせるものを探しましょう。

居酒屋

居酒屋は一番糖質制限生活に向いているお店だと思います。

なぜなら定食セットは少なく、ほとんど単品だからです。

焼き鳥ならタレより塩枝豆や冷奴などのおつまみ系を選べば、ほとんど食べられると言ってもよいでしょう。
ただ、最近の居酒屋は凝ったメニューが多く『鶏のから揚げ~甘辛ソース~』なんていうのもあります。

この『甘辛ソース』には注意しましょう。

居酒屋ですのでメインのお酒にも注意!
今は糖質オフのビールを置いてるお店もありますし、焼酎やワインウイスキーはOKですよ♪

コンビニ

仕事で疲れてご飯を作りたくない、ちょっと小腹が空いちゃった、など、コンビニに行く機会もあると思います。

そういう時はお弁当系やおにぎり・サンドイッチは避け、おでんやホットスナックお惣菜コーナーをのぞいてみましょう。

なるべく大根や練り物系は避けたいところですが、ご飯を食べるよりも何倍もマシですので、少しくらいはOKとしましょう!

ホットスナックは、フランクフルトチキンなどを言います。
このコーナーは比較的糖質が低いので、選ぶものがなかったらここをのぞいてみるのも手ですね。

また最近のコンビニは『ひとり暮らし用』のコーナーがあります。
温めるだけですぐ食べられるおかずや、サラダ類も充実しているので、ヘタに自分で計算して作るより賢いかもしれません。

野菜は摂りたいですが、サラダ系のポテトやマカロニにはやめておきましょう。
 




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ