なんでカロリーじゃないの!?【カロリー気にせず糖質制限で痩せる秘密】

糖質制限すると太る理由と痩せる理由をそれぞれ
 糖質制限はなぜ痩せるのか ~その1~
 糖質制限はなぜ痩せるのか ~その2~
で紹介しました。

でも今までのダイエットの常識って「カロリーを制限しよう!」「カロリーの高い脂肪・油分を控えよう!」だったはずですよね。

なんでカロリーは気にせず、糖質を制限するだけで痩せられるのでしょうか。

なんで脂肪、油を食べなければ太らないのでしょうか。

まずは、カロリーってそもそもなんだっけ?というところから説明します。

カロリーって何者?

カロリーとはエネルギーの大きさを表すものです。

具体的には「1リットルの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcal」と決められています。

より多くの水を、より高い温度にするためには、より大きなエネルギー≒カロリーが必要なんですね。

人間が体を動かしたり、頭を使ったりするのには、実は莫大なエネルギーを消費しています。

そのエネルギー量を数字にしたものがカロリーなんです。

人が消費するエネルギーは食べ物を消化吸収することで体に取り込んでいますが、
食べものにはどれくらいのカロリーが含まれているのでしょうか・・・

脂肪、糖質は何カロリー?

脂肪はカロリーが高いといいますが、実際に何kcalなのでしょうか?それぞれ1gだと…

  • 糖質(炭水化物): 4kcal/g
  • タンパク質   : 4kcal/g
  • 脂肪      : 9kcal/g

となっています。

やはり脂肪はカロリーが高いですね。

「体の構成物」という観点で見てみると、
「カロリーが高い≒より大きなエネルギーを生み出せる」ってことです。

つまり、同じ量の糖質と脂肪が体の中にあったとき、脂肪の方がより大きなエネルギーを生み出せるということです。

なので、体はエネルギーを蓄えるのに脂肪として貯めこむんですね。

一方、「食べもの」という観点でみてみると、
よりカロリーの高い脂肪を食べると、より多くのエネルギーを取り込んでしまって、余ったエネルギーは体に貯めこまれてしまう=太ってしまうと思いがちです。

でも、カロリーの高い食べ物を食べたらそれだけ太りやすいということではありません。

「カロリー」=「吸収するエネルギー」ではない!!

実は「よりカロリーの高いものを食べると、より多くのエネルギーを取り込む」というところに間違いがあります。

カロリーはあくまでエネルギーの量であって、人間は食べたものをすべて消化吸収できるわけではありません。

いくらカロリーの高い脂肪を食べたからと言っても、消化吸収されずにカロリーの高いまま排出されれば、体内にはエネルギーは貯まりませんよね。

逆に、糖質はカロリーは脂肪より低いですが、ブドウ糖に消化されやすく、またブドウ糖は腸内から吸収されやすい、ということがありえるのです。

まとめ

カロリーとはエネルギーの指標で、脂肪は糖質よりカロリーの高い栄養素でした。

でも、脂肪は糖質よりも吸収率が低いので、カロリーが高くても太ることには直結しないのです。

更に糖質は血糖値を上げることで脂肪と蓄積されます。詳しい説明は
 糖質制限はなぜ痩せるのか ~その1~
 糖質制限はなぜ痩せるのか ~その2~
で紹介しています。

※吸収を考慮するとどの位のエネルギーとなるのかは個人差もあり、数字は探しきれませんでした。
 また、厳密な解説は「炭水化物が人を滅ぼす」のⅣ章をご参照ください。




Ads by Google

コメントを残す

このページの先頭へ